ドライバーの仕事の種類や特徴

ドライバーは車の運転をすることが主な仕事ですが、種類が豊富にあります。
就職や転職するにあたって、業務内容の違いを把握しておくことは大切です。

トラックドライバーであれば、積み荷を目的地まで運ぶのが仕事です。
トラックの大きさによって必要となる免許が変わるため、運転したいトラックに合わせた免許を取得しましょう。
荷物を破損した場合はペナルティが課されることがあるため、細心の注意を払うことが求められます。

バスドライバーは、お客さんを決められたルートに従って目的地まで運びます。
出勤時間が決まっており、残業が発生することは滅多にありません。
ただし、別のバスの運転手が欠勤した場合、代理で運転を頼まれることがあります。
ノルマが発生することがないため、到着時間を守ってさえいれば、ある程度気楽に運転することが可能です。
大型車を扱うことになることから、大型二種免許が必須となります。
地域密着型とも言える業務で、地域に愛着があればやりがいを感じられる仕事です。

タクシードライバーも第二種運転免許が必要になりますが、車の運転に慣れている人であれば誰でもなることができる職業です。
基本給に加えて歩合給が設定されているタクシー会社では、働くほど給料が増えていくこともあります。
ただし、ノルマが設定されている会社では達成できないと大きく歩合給が減るため、注意しましょう。
ノルマが設定されていない会社もあるため、自分に合った会社を選ぶと働きやすい環境でタクシードライバーの仕事をすることができます。