介護業界でにもドライバーの仕事はある

ドライバーの仕事は、物流や人々の生活の足として非常に重要な存在と言えます。
様々な場面で活躍するドライバーの仕事は、介護業界においても重要な存在です。
介護業界において、ドライバーは介護送迎ドライバーや介護タクシー、そして福祉タクシーのドライバーとして活躍することになるでしょう。
いずれのドライバーも非常に需要が高いです。

介護業界の中でも特に需要が高いといえるのが介護送迎ドライバーであり、通所型の介護施設で必要とされる仕事です。
通所型の介護施設はサービスの一環として施設利用者の送迎を行うことがあり、その送迎を行うのが介護送迎ドライバーになります。
施設側が用意したワンボックス型の車を使用することが多く、介護施設の介護スタッフが同乗して利用者の乗り降りを介助することもありますが、同乗しない場合にはドライバーが介護の資格を得る必要があります。
介護福祉士や介護職員初任者研修の資格を得ていると、車いすの乗り降りや身体に触れる介助を行うことができ、仕事の幅が広がるでしょう。
より詳しい仕事内容を知りたい方は参考情報をご覧ください。

介護タクシーとは、訪問介護サービスの一環として行われるもので、通院のほか日常生活の延長で必要となる場所へ出かける際に使われます。
その利用は介護保険の範囲に含まれており、ドライバーは介護職員初任者研修を取得する必要があります。

福祉タクシーとは、旅行や観光などで出かける際に使用されます。
日常生活の延長ではないため、介護保険の範囲ではない点に注意が必要です。
ドライバーは介護に関する資格を取得する必要はなく、絶対に必要と言えるサービスではないものの、生活を豊かにするために喜ばれるサービスとして需要は高いです。